rank_thumbnail_img01

小鼻縮小術

nayami_detail_img01

正面から見ると鼻の穴が見えるなど小鼻の悩みにおすすめの施術が、小鼻と鼻全体のバランスを考えながらスマートな鼻に整える小鼻縮小術です。別名「鼻翼縮小術」とも呼ばれ、わずか30分の施術ですが半永久的な効果があります。

大きさや幅を調整することで小鼻の悩みを解決!

鼻の穴と鼻翼を切除し小鼻の大きさや幅を調整しながら縫い縮めていくことで、気になる鼻の穴も目立たなくなります。鼻筋も高くしたい方は、隆鼻術を併用することで悩みを解消できます。術後は鼻が不安定な状態なので、特に1週間は強い力を加えないよう注意が必要。

切らずに糸だけの施術だと元に戻る?

鼻の内側と小鼻の溝にかけて切開するため傷跡は目立ちません。切らずに糸だけで小鼻縮小術を行うクリニックもあるようですが、腫れという点では少ないものの3~6カ月で効果が薄れてしまうというデメリットがあります。

切除の仕方によっては鼻翼が下がって見えることも?

小鼻縮小術は、希望の鼻の形により鼻の穴の内側だけの切除、外側だけの切除、内側と外側の両方を切除するケースに分かれます。鼻翼の切除の仕方によっては鼻翼が下がって見えたりすることもあります。

施術にはドクターのデザイン力も重要!

小鼻は小さくしすぎると鼻先の丸みも全くなくなったり、鼻の穴の形も不自然になってしまったりするため、顔全体のバランスを考えて施術してもらうことが大切。小鼻縮小術では、ドクターの技術力にプラスしてデザイン力が重要とも言えます。

施術概要

施術時間: 30分
通院: 1回(手術から1週間後に抜糸)
腫れ: 強い腫れは1週間程で落ち着く
その他: 術後のギブスやテーピングは不要