rank_thumbnail_img01

鼻プロテーゼの入れ替え

nayami_detail_img01

低い鼻やだんご鼻など、鼻のコンプレックスで長年悩んだ末に思い切って受けた美容整形で希望通りにいかなかったばかりか、かえってコンプレックスがひどくなってしまうケースが後を絶ちません。特に多いのがプロテーゼによる隆鼻術です。

プロテーゼがズレた、透けて見えた、低すぎたなどの悩みに

「プロテーゼのサイズが合わずズレてしまった」「プロテーゼの輪郭が透けて見える」「プロテーゼが飛び出して鼻先に穴が空いた」「入れたプロテーゼが低すぎた」といった場合、希望の鼻の形や高さに合せ適切なプロテーゼと入れ替えることで悩みを解消できます。

リスクも少なく万一の際は取り出すことも可能

適切な大きさや形、安全性のあるシリコンプロテーゼを使用すれば、1度の施術で半永久的な効果があります。万一気に入らない場合は簡単に取り出すことも可能。鼻の穴の中をメスで切開するため傷跡も目立たずリスクもほとんどありません。ただし、通常は安全性に優れているプロテーゼですが、稀に石灰が沈着する可能性はあります。

[事例]プロテーゼを入れたら鼻の穴が丸見えになってしまった・・・

L型の場合、鼻先までプロテーゼが入るためどうしても鼻が上を向いてしまいやすく、I型プロテーゼの入れ替えと同時か、入替え後に少し様子を見て耳介軟骨移植で鼻先を下に向ける方法もあります。

[事例]プロテーゼが鼻から飛び出してしまいそう・・・

プロテーゼのサイズが大きすぎる場合に起こることがあります。サイズの合ったプロテーゼに入れ替えれば問題ないはずです。万一、鼻先に穴が空いてしまうと感染症や鼻先の変形など、取り返しのつかない状態になりかねないためできだけ早く信頼できるクリニックで診てもらいましょう。

施術概要

施術時間: 30~60 分
通院: 必要なし
腫れ: 腫れはあるものの1週間程度で落ち着く
その他: その人のケースによる施術時間や腫れなどが異なるため診察時に確認を