鼻の悩み解決コラム

2017年4月26日


小鼻の黒ずみが消える! まゆ玉ピーリング法

女性

美肌を求める女性たちに人気の肌ケア法「まゆ玉ピーリング」。シルクでできたまゆ玉で気になる箇所をピーリングするだけで、つるんときれいな美肌になれると評判です。気になる小鼻の黒ずみやざらつきにも効果的なので、鼻周りの肌ケアで悩んでいる方にはおすすめの美容アイテムです。

このコラムで解説していること

  1. まゆ玉の入手法
  2. まゆ玉ピーリングのやり方
  3. なぜシルクが美肌にいいのか

■まゆ玉の入手法

シルクというと高価なイメージがありますが、まゆ玉は100円均一ショップでも手に入ります。美容グッズやメイク用品のコーナーに置かれており、3~4個入りで100円+税。コツコツ続けたい肌ケアだからこそ、プチプラで手に入るのはうれしいですよね。さらに、きれいに使えば繰り返しの使用もできるのでコスパも抜群。まゆ玉はお財布に負担をかけずにつるつる美肌になれる、知る人ぞ知る優秀アイテムですよ!

■まゆ玉ピーリングのやり方
 効果的なまゆ玉ピーリングのやり方をご紹介します。

(1)洗顔後に行いますが、肌がしっとり温まっている入浴時がおすすめです
(2)まゆ玉ひとつを35〜40℃のお湯に5分ほどひたします
(3)やわらかくなったまゆ玉を人差し指にはめ、小鼻など毛穴の黒ずみや角質が気になる部分を、くるくるとマッサージしてピーリングします
(4)肌のざらつきや黒ずみが特に気になるときは、まゆ玉ピーリングを洗顔中に行います。洗顔を泡立てて、顔にのせたあとにピーリングを行っていきます
(5)やさしくすすぎ、保湿ケアを行います

まゆ玉ピーリングをするときは、絶対にこすってはいけません。気になるからといってごしごしこすってしまうと、いらない角質だけでなく、健康な角質まで傷つけてしまいます。くるくるとすべらせるようにピーリングするだけで汚れは浮きますし、余計な角質ははがれます。ざらつきが気になるひじやかかとにも効果があります。

使い終わったあとは、まゆ玉をきれいにすすいで、清潔に乾燥させることで再利用が可能。2〜3回使用したら新しいものに変えましょう。

■なぜシルクが美肌にいいのか

シルク(絹)は日本では古くから高級品として使われてきたおなじみの素材です。つるつると肌触りがよく美しいシルクは、美肌にとても効果のある素材です。

そもそも、絹糸は人間の皮膚と同じタンパク質でできているため、「第二の皮膚」とも言われるほど人間の肌と相性のいい素材。最近では、人間の肌や髪のたんぱく質と成分組成が極めて近く、なじみがいいことを利用して、手術時の縫合糸や人工血管・人工皮膚への応用も研究されています。

肌に触れる製品をシルクに変えるだけでも美肌効果が得られるため、寝具や枕カバー、パジャマ等を変えてみるのもおすすめです。目元のハリやシミ・シワが気になる場合は、シルクのアイマスクをつけてみるなど、少しずつシルク製品を増やしてみてはいかがでしょうか。

美肌効果のあるシルクをつかったまゆ玉でスキンケアをつづけて、つるんときれいな小鼻を手に入れましょう!

まとめ

  1. まゆ玉は100円均一ショップでも手に入る。きれいに使えば繰り返しの使用もできるのでコスパも抜群。
  2. 入浴時にやわらかくなったまゆ玉を人差し指にはめ、小鼻など毛穴の黒ずみや角質が気になる部分を、くるくるとマッサージしてピーリングする。絶対に強くこすらないこと。
  3. 絹糸は人間の皮膚と同じタンパク質でできているため、「第二の皮膚」とも言われる。人間の肌と相性がいい素材なので、美肌になるグッズとして重宝されている。