気になる鼻の角栓


気になる鼻の角栓

こんにちは、編集スタッフの花子です。

季節は夏!お祭りやプール、花火に海水浴にフェス~と楽しいイベントの多いこの季節ですが、夏のイベントを楽しむ前には、色々と準備が必要ですよね。

薄着になるし、水着にもなるかもしれないから、ダイエットしたり脱毛したりしなきゃだし、もちろん夏の日差しから肌を守るために日焼け対策もしないとだし…女子って大変!

しかも夏って肌トラブルも多かったりしませんか?

冬場は乾燥で悩んでたはずなのに、夏になると顔がてかてかしたり、べたべたしたり…という人は私だけではないはず!

特に、汗のせいで化粧が崩れやすいのもあって、Tゾーンなんて酷いもので…朝ばっちりメイクしたはずなのに、夕方、鏡で顔を見ると、光り輝くTゾーンにため息が出ちゃいます。

どうやら、7、8月は高い気温と強い紫外線のせいで、Tゾーンの皮脂分泌量が一年の中で最も多くなるんだそう。気温が35度を超えると、皮脂の分泌量は何と20度以下の時の2倍になるんだとか!倍も増えるなんて、びっくりですよね。だから、特に対策を講じなければ、お肌がべたついてしまうのも当然なわけです。

この時期、てかてか、べたべたもですが、鼻の角栓も気になりませんか?鼻の頭にある白いぽつぽつ、年中気になると言えば気になりますが、特に夏場は目立っている気がします。

それもそのはず。
鼻の角栓の正体は、毛穴につまった皮脂や角質が混ざり合ったものなんです。

7、8月に皮脂分泌量が増えるならば、当然この角栓もいつも以上に溜まってしまう~というわけ。

でも、夏に鼻の角栓が目立つ原因は、それだけではないんです。

それは、毛穴…。温度が低い時に比べて、35度の時は開く数が多いんだそうです…

どうやら夏の暑さは、皮脂の分泌量を増やすだけでなく、毛穴をも大きく開かせてしまうんですね。

夏場は、その開いた毛穴に、過剰に分泌された皮脂が入り込んでしまうというわけで…その毛穴に溜まった角栓を放っておくと、ニキビになってしまったり、いちご鼻になってしまったりする危険性も!

いちご鼻とは、鼻の毛穴に溜まった角栓が酸化して黒くなった状態のこと。
黒くぶつぶつとした鼻の毛穴の状態が、ちょうどいちごの種みたいなので、そう呼ばれているのですが、一度いちご鼻になってしまうと、綺麗な鼻に戻すのは大変みたいなんです。

なので、そうなる前に、鼻の角栓を何とかしないとですよね!

角栓には細菌などから毛穴を守る、という役割があったりするので、いらないもの、というわけでないみたいなんですが、目立つ程の角栓は困りものですよね。

というわけで次回は、クレンジングや洗顔だけではなかなか綺麗にならない鼻の角栓をとる方法について調べてみたいと思います。