Dr.高須幹弥が解決! 鼻&美容整形相談室

2017年5月9日


鼻叩きや鼻を高くする器具って本当に効果があるの?

ネットには様々な情報が溢れています。
これまでにも、「鼻叩きをして刺激を与え続けると鼻が高くなる」「装着すると鼻が高くなる矯正器具がある」といった紹介記事を見かけました。
では実際のところ、こういった鼻叩きや矯正器具についての信憑性はどうなのでしょうか。その疑問にお答えしたいと思います。

Dr.高須幹弥

■結論はズバリ、「やめておきなさい!」

鼻叩きは、毎日何十回~何千回も鼻を叩き続けて刺激を与えていると、次第に鼻が高くなると謳ったものです。
鼻叩きを薦めるサイトによると、「骨折をした箇所が治癒すると、骨折する前より太くなっていることがある」という骨新生の応用だそうです。
しかしその原理で言うならば、鼻の骨にヒビが入ったり、折れたりするほどの力で叩かなければなりません。指で叩くほどの刺激では、何度やっても鼻の骨には何の影響もないでしょう。

さらに、鼻を矯正して高くするという器具についても同じことが言えます。
鼻の軟骨は、生後1年ほどの間であればとても柔らかく、多少形を変えることができると言われています。しかしそれはあくまで乳幼児の頃の話で、大人になってしまうと鼻の軟骨は固くなってしまうので、持続的に器具で固定して力を加え続けても矯正はできないでしょう。

器具を長時間つけて外した後、少しだけ鼻先が高くなることもありますが、これは圧迫によって水分が溜まっただけです。数時間で元に戻ってしまうことでしょう。

以上のことから結論は、「骨叩きも矯正器具も、鼻が高くなる根拠はないので、やめておきましょう」です。

■高くなるどころか様々な弊害が起こることも……

効果が立証されていないことは先にも述べた通りですが、ところがそれだけでなく、一歩間違うと悪い影響を及ぼすこともあります。

というのも、鼻の皮は他の部位に比べて厚くて固いので、ほとんど伸ばすことができません。それを器具により無理矢理伸ばすと皮膚が戻らなくなり、鼻の穴が大きくなることも考えられます。

鼻叩きに関しても、毎日鼻の皮膚を痛めつけているわけですから、黒ずみや色素沈着を起こしたり、皮膚の角化を引き起こして皮膚が厚くなったりする原因にもなりかねませんから、注意が必要です。

■インターネットの情報を鵜呑みにするのは危険です

インターネットには驚くほどたくさんの情報が溢れています。
その中でとても役に立つものもあれば、閲覧数を増やして広告収入を得たり、アフェリエイト収入のために信憑性に欠ける記事を堂々と載せたりしている悪質なものも多くあります。
情報をすべて鵜呑みにせず、過剰な広告バナーや誘導リンクがないか確認するなどして、今の時代ですから、上手にインターネットとお付き合いしていきましょう。