鼻の悩み解決コラム

2015年12月17日

メイク術大きい改善法


大きい鼻が悩み……鼻は小さくなるの?

鼻の悩みはいろいろですが、大きくて悩んでいる人もいると思います。ただ、小さいものを大きくするよりも、大きいものを小さく見せることのほうが難易度が高い。今回は、メイクやエクササイズなどで鼻を小さく見せる方法をご紹介します。

■小鼻を小さく見せるメイク術

鼻を小さく見せるメイク術というと難しそうですが、いつものメイクにひと手間加えるだけ。難易度は高くないので、メイクテクニックの一つとして、ぜひ身につけてみてください。

(1)ベースメイクが完成したら、明るめのコンシーラーを鼻の穴ぎりぎりに塗っていきます。ちょっと鼻の穴に入るくらいまで塗ってもOKです。
(2)次に、ノーズシャドウを鼻筋に入れます。ポイントは鼻先まで入れること。
(3)最後に、小鼻の両脇にできている影の部分をハイライトで消してしまえば完成です。

ポイントは、光と陰の使い方。陰影で鼻を小さく見せることを意識して、あくまで自然に見えるようにしましょう。ノーズシャドウはあまり濃い色は使わないように、ベースメイクよりも少し強い色を選んでください。最後の手順で小鼻の両脇の影をナチュラルに消すことができれば、大きな鼻を小さく見せることができます。

■小鼻を小さくするエクササイズ

鼻にも筋肉はあります。効果が出るまで時間はかかりますが、エクササイズで鍛えることで、引き締めて小さくすることもできます。簡単な方法を紹介します。

(1)鼻の穴が細くなるように手でつまみます。
(2)ティッシュで鼻の穴にふたをして、鼻からゆっくり息を吸います。
(3)息を吐くときも、ゆっくり鼻から吐きます。

息を吸うときの抵抗をつけることで、鼻の筋肉をトレーニングできます。また、普段の呼吸も、鼻呼吸を心がけることによって、小鼻のトレーニングになります。

■塩もみも効果あり

鼻がむくんで大きく見えてしまうという人に効果的な方法が、「塩もみ」です。塩もみダイエットが一時期流行しましたが、塩もみは血行を促進してたまった水分の排出を促してくれます。

やり方は簡単、鼻に塩をもみ込むだけ。ひりひりしてきたら、洗い流してください。ただし、敏感肌の人や、肌荒れなどのトラブルが起きてしまったら、すぐにやめるようにしてください。

■小鼻を小さくするマッサージ

エクササイズや塩もみと並行して行ってほしいのが、マッサージです。

(1)親指と人差し指で小鼻を挟みます。挟んだ指で強めにもむように、くるくると円を描きながらマッサージをして、温かくなってきたらOKです。
(2)次に、小鼻を高く引っ張り上げて、挟んだ指を眉間のほうに上げていきます。
(3)最後に、眉間をつまんで終了です。

入浴中やお風呂上がりなどにやると効果的。あまりやると鼻が赤くなってしまうので、3回ほどでOKです。

メイク以外にも、こういった方法を継続的にやっていくことによって、鼻を小さくすることは可能です。個人差はありますが、1ヶ月程度で変化が実感できるはず。継続して続けてみてくださいね。