鼻の悩み解決コラム

2015年9月10日

美容法/お手入れ


鼻の角栓をとるベストな選択肢とは?

顔の中心に位置するだけに、汚れてしまったら目立つ鼻。だからセルフケアで角栓を取っている人も多いでしょう。角栓を取るパックを鼻に貼って、はがしてみれば気持ちいいほどとれている。そんな経験をお持ちの人も多いですよね。

でも思い返してください。角栓を取ったあとの鼻を見ると、赤くなっていませんか。これは肌を痛めている証拠。せっかくきれいにしようとして、肌にダメージを与えてしまっていることも。そこで、角栓を取るための、ベストな選択肢を探ってみましょう。

■角栓とは?

角栓はずばり「毛穴のつまり」です。それでは、何が詰まっているかというと、皮脂と古い角質です。鼻があるTゾーンは皮脂の分泌も多く、その皮脂が古い角質を毛穴に封じ込めて、角栓になってしまうのです。さらに、主成分は皮脂ではありません。70%以上が古い角質。これが酸化をしてしまうと黒ずみ、鼻全体が黒く汚く見えてしまう。そして、詰まっているので毛穴が開きっぱなしになって、ブツブツ鼻のできあがりです。

■角栓の取り方いろいろ

<指で押し出す>
道具もいらずに手軽にできる方法です。鼻をぎゅっとつかんで、角栓を押し出した経験がある人も多いでしょう。ただし、これは爪で鼻を傷つけてしまうこともあり、オススメはできません。さらに柔らかい鼻の軟骨に変な癖がついて、鼻がゆがむ危険もあるので、力任せにするのは絶対に危険です。

<毛穴パック>
鼻の角栓を取るのに最もメジャーな方法です。シートをはがしたときに、たくさん角栓が着いてくると、病みつきになってしまいますよね。ただし、これは鼻の皮膚ごとはがしてしまう危険性もはらんでいます。肌が弱い方は使用頻度を必要以上に抑えるなど注意が必要です。

どちらも角栓を取るには有効なのですが、肌を痛める危険が確実にあります。そこで、ちょっと面倒ですが、肌を痛めない方法を紹介いたします。

<3ステップ角栓取り>
まずはレンジで加熱した蒸しタオルを鼻に当てます。少し熱い方が毛穴が開きやすく、さらに角栓を柔らかくすることができます。

つぎに、オリーブオイルで鼻をマッサージします。普通に販売されている食用のオリーブオイルで構いません。オイルクレンジングでもいいのですが、食用の油の方が界面活性剤が入っていないので安心です。

最後に、洗顔剤で洗顔をしてください。角栓を柔らかくして、油で溶かしだすという3ステップです。

他の方法に比べて、とれた角栓が目に見えるというわけではありませんが、効果は同じ。むしろ肌を痛めないので、敏感肌や、毛穴パックをすると肌が荒れてしまう人は、ぜひ試してみてください。