鼻の悩み解決コラム

2015年4月16日

低い鼻美容法/お手入れ


毎日のお風呂習慣に!鼻を高くして整えるマッサージ

021

鼻に関する悩みで最も多いものが、低い鼻を高くしたいというもの。でも、鼻を高くするなんて、実現不可能と思っていませんか?それは違います。
実は鼻の軟骨は、一生成長をする部位なんです。さらに軟骨であるため柔らかく、くせを付けることもできます。セルフケアだけで、その成長を思い通りに促すことも可能です。つまり、鼻の低さにコンプレックスを持っている人でも、自分で鼻を矯正することができるのです。

■鼻を高くするマッサージ

それでは、マッサージの方法を紹介します。

まずは人差し指と中指をくっつけ、左右それぞれの指で小鼻の両サイドを挟みます。そして、挟んだまま押しながら、くるくると円を描くように強めのマッサージをします。小鼻が少し暖かくなるくらいでいいので、痛いほど強くはやらないでください。

次は、中指と薬指を使います。中指と薬指をくっつけ、左右それぞれの指を小鼻のわきに添えてください。そして、小鼻のわきから鼻筋に沿って、指を上方向に這わせます。眉間まで持ち上げるようなイメージです。鼻筋が通ってきたような感じがしたらOKです。眉間あたりまで行ったら指を離して、再び小鼻から上方向に指を這わせます。

最後に、眉間の真ん中を親指と人差し指でつまんで、軽くマッサージをします。この場所は「引堂」と呼ばれていて、鼻骨の発達を促すツボといわれているので、念入りに押しましょう。

このマッサージは鼻を清潔な状態にして、血行が良いときに行うのがベスト。だから、お風呂での習慣にぴったりです。
また、自力で鼻の軟骨を強制させる方法なので、継続的に続けるが必要です。目安として、1ヶ月は試すと少し印象が変わってくるはずです。
注意点としては、左右で力の入れ方が変わってくると、変なくせがついてしまうことがあります。そのため、最初は鏡を見ながら理想のラインを思い描き、マッサージをするようにしてください。
時間がない、忘れがちになってしまう人は、尾骨の成長のツボ「引堂」を気がついたときに押すだけでも、鼻の軟骨が成長しやすくなり、多少の効果が期待できます。