鼻の悩み解決コラム

2014年3月15日

低い鼻鼻の形


鼻を小さくするより高くする方が難しい

nayami_detail_img02

鼻先が上を向いた「ブタ鼻」
低くて小鼻の広がった「獅子鼻」
丸っこく鼻全体が大きく見えてしまう「ダンゴ鼻」
骨が前へと突き出て段になっている「ワシ鼻」
など鼻の形にはさまざまな種類があり、その悩みもさまざまです。

美容整形をせず、自分で鼻を高くしたり細くしたり、または小さくしたりするには、鼻の形によっても解決法が違ってきます。

ポイントとして、例えばブタ鼻やダンゴ鼻の場合、鼻を高くすることより鼻の穴を小さくして鼻筋を通すことを意識してケアすることで、スラリとした鼻になり高くなったように見えます。
獅子鼻のように小鼻が広がっている、ダンゴ鼻で鼻の穴が大きいといった場合、呼吸の仕方に問題がある可能性も。鼻から息を吸ったら口から吐くようにすることで、小さくなると言われていますので実践してみてはいかがでしょうか。

自分でケアする方法として鼻全体にいえることは、小さくするのは比較的簡単でも高くするほうが難しいということ。
また、マッサージにしてもツボ押しにしても、週に1回や2回実践したところで鼻の形が変わることは難しいため、とにかく毎日コツコツと実践することが大切です。
まして、毎日せっせと行ったからといって、1週間や2週間で目に見えて形が変わることもありません。

ですので、もしも短期間で鼻の形を変えたいのであれば、セルフケアではなくやはり信頼できる美容外科クリニックで施術してもらうのが最適なのではないでしょうか。

早く小鼻を小さくしたいと焦り、塩マッサージを1日に何度も、しかも力を入れてゴシゴシこすったのでは、かえって皮膚を傷めてしまうだけ。
くれぐれも自力でやるには、「時間」と「労力」が必要だということを忘れないでくださいね。