rank_thumbnail_img03

鼻整形の失敗・不満

nayami_detail_img01

「プロテーゼを入れたけど整形がバレバレ」「ヒアルロン酸注入をしたけど鼻が横に広がってしまった」「だんご鼻の鼻尖縮小で細くしすぎて洗濯バサミでつまんだようになってしまった」「鼻の延長術でかえってだんご鼻になった」など、思い切って鼻整形をしたのに失敗した、不満があるという方は意外と多いと言われています。一番の原因は医師の技術不足なので、熟練したドクターに修正してもらうことで悩みを解決することができます。

おすすめの美容整形

鼻整形の失敗・不満がある方におすすめの施術①
鼻プロテーゼの入替え

プロテーゼがズレて鼻が曲がってしまったり、皮膚が薄い方の場合、プロテーゼの輪郭が透けて整形したことがハッキリとわかってしまったりという場合にプロテーゼを入れ替えます。高すぎた場合も低すぎた場合も入れ替えることで悩みは解決します。プロテーゼが飛び出して鼻先に穴が空いてしまった場合には早急な対応が必要。

鼻整形の失敗・不満がある方におすすめの施術②
アクアミド除去

アクアミドはソフトコンタクトレンズの原料となる成分で、素材として軟らかいため本来は鼻を高くするのに向いていません。安全性に問題はないと言われていますが、人工物ですので半永久的に残ってしまうことがほとんどです。修正で完全に取り除くのは難しいものの、熟練したドクターあれば大半を除去することは可能です。

鼻整形の失敗・不満がある方におすすめの施術③
ヒアルロン酸除去

ヒアルロン酸を注入しすぎて腫れてしまったり、粗悪なヒアルロン酸を注入することで時間が経つと横に流れてしまい鼻が太くなってしまったりといった場合などに、ヒアルロニダーゼというヒアルロン酸を分解する薬剤を注射。数日もすれば元の鼻に戻ります。ヒアルロニダーゼは人間の体内に少量含まれる物質ですので安全です。