鼻の悩み解決コラム

2017年2月16日

改善法鼻について


すっきり改善!簡単にできる鼻づまり解消法

女性

アレルギー性鼻炎や風邪などによって起こる鼻づまり。鼻呼吸ができなくて苦しい、眠れない、味がわからない、鼻のかみ過ぎで頭がぼーっとするなど、とても厄介な症状です。今回はそんな鼻づまりをすっきり解消できる方法をお教えします。すぐ実践できるよう、簡単にできるものをピックアップ。鼻づまりで苦しんでいる人は、ぜひ試してみてくださいね。

このコラムで解説していること

  1. なぜ鼻が詰まるのか?
  2. 簡単!鼻づまり解消法

■なぜ鼻が詰まるのか?

そもそも鼻づまりはどのようにして起こるのでしょうか。風邪によって引き起こされる鼻づまりは、風邪によって体内に細菌が入り、鼻の粘膜が炎症を起こして腫れます。こうして粘膜が腫れ上がってしまい、鼻の通り道を狭くしてしまうために起こります。また、急性副鼻腔炎になってしまうと、膿がたまってしまうようになります。そうなると、味覚障害や粘性の高い黄色や緑色の鼻水がでるようになります。自然治癒することも稀にありますが、基本的には耳鼻科を受診して投薬治療をしないといけません。

また、鼻の中に「鼻茸」とよばれるポリープができることで鼻づまりが起こることもあります。この場合は自然に改善することはないので、手術で鼻茸を取ってしまわないといけません。一時的な鼻づまりは以下で紹介する方法で解消できますが、ずっと症状が続いている場合は、耳鼻科を受診するのがいいでしょう。

■簡単!鼻づまり解消法

・鼻づまり解消呼吸法
簡単に鼻づまりを解消できる呼吸法があります。まずは深呼吸をして呼吸を整えます。その後、息を吐ききって肺を空っぽにします。吐ききったところで鼻をつまみ、息を止めたまま、3秒ずつ上と下を交互に見ます。これを、息を止めたままギリギリまで続けます。こんな簡単な方法で鼻づまりが解消されるのですが、不思議ですよね。なぜかというと、擬似的に酸欠状態にすることで、脳から「酸素を取り込むために鼻腔を広げよう」と命令されるため、鼻は血管を細くするように動きます。結果的に粘膜の腫れが引いて通り道ができ、鼻が通る様になるのです。いつでもどこでも簡単にできるのがうれしい解消法です。

・温タオル解消法
身近なものを使って簡単にできるのが「鼻を温める方法」。ラーメンやうどんなど、あたたかい麺類を食べているときにスッと鼻づまりが解消された経験したことはありませんか?原理はそれと一緒。濡らしたタオルを軽くしぼり、電子レンジであたためて蒸しタオルを作ります。火傷に気をつけながら、鼻を包む様にしばらく温めます。そうして鼻が暖まると、鼻づまりがすっと解消されます。もちろん、あたたかい飲み物やお湯を用意して、蒸気を吸い込むのも効果があります。この場合も火傷には気をつけてください。また、沸騰の際の蒸気などは熱すぎるので適していません。

・鼻づまり解消に効果があるツボ
鼻づまりに効果のあるツボを刺激する方法もあります。ツボは「睛明(せいめい)」と「迎香(げいこう)」。「睛明」は鼻の付け根の両脇、目頭の少し舐め上にある凹んだ部分です。「迎香」は小鼻の両脇にある、凹んだ部分のこと。ここを、人差し指で下から押し上げる様に押します。3秒押して3秒休むを1セットとして、これを5セットほど繰り返しましょう。次第に鼻が通る様になり、鼻水が止まります。このツボの刺激は、鼻づまり解消のほか、顔のむくみや眼精疲労、ニキビやほうれい線などの顔のシワにも効果があります。簡単に鼻づまりが解消できると同時に美容効果が見込めるなんて女性にはうれしいですよね。