鼻の悩み解決コラム

2016年10月26日

メイク術


鼻メイクを崩れにくくする小技

ファンデーションを塗る女性

女子たるもの、メイクがばっちり決まった日は、なんとなく気分がいいですよね。しかし、朝ばっちりだったメイクも、午後や夕方になってくると崩れてきてしまいます。特に鼻は崩れやすく、テカリや毛穴も気になる部位。すぐに直せるときはともかく、仕事中や、お出かけ中など、簡単に直せないときもありますよね。今回は鼻を中心に、メイク崩れを防ぐテクニックを紹介します。

このコラムで解説していること

  1. メイク前のお肌を整える
  2. 小鼻のケアは念入りに!
  3. ファンデーションはスポンジを使って
  4. ミスト化粧水で肌を濡らす
  5. 仕上げのパウダーはブラシで

■STEP1 メイク前のお肌を整える

崩れにくいメイクに重要なのは、ベースとなるお肌!まず、メイクのノリをよくするために、週に1回程度、顔の産毛を処理しましょう。また、化粧水はコットンを使ってパッティング。トントンと優しく、たっぷりと化粧水をしみ込ませます。このとき、肌にしっかりと化粧水が浸透するまで少し待つのが効果的です。そして乳液は、夏でもしっかりつけましょう。乳液はお肌にふたをするという意味でも重要です。べたつきが気になる場合は適度にティッシュオフしましょう。

■STEP2 小鼻のケアは念入りに!

さてメイク!……といきたいところですが、メイク前にもう一手間。鼻の化粧崩れは、いかに皮脂を抑えて、サラサラの鼻を保つかが重要です。蒸しタオルをのせて、顔をさっぱりさせつつ、潤いを足します。さらに気になる小鼻の部分を拭き取り系の化粧水でさっと拭きましょう。これだけでだいぶ皮脂の分泌が抑えられます。これでもオイリーになってしまうという人は、皮脂をおさえるクリームをつけましょう。

■STEP3 ファンデーションはスポンジを使って

崩れにくいメイクには、リキッドファンデーションがオススメ。メイクは薄塗りが基本です。厚塗りにならないよう気をつけながら、スポンジを使ってぽんぽんと肌を叩くようにファンデーションをのせていきます。スポンジを使うことで、ムラなく均等に薄く塗ることができます。特に気になる小鼻の部分は、念入りにぽんぽんと叩いておきましょう。また、鼻はテカリや赤みが気になる部分でもあるので、カラーコントロールやコンシーラーを使ってカバーしましょう。

■STEP4 ミスト化粧水で肌を濡らす

そして、このタイミングでミスト化粧水を使いましょう。リキッドファンデーションを塗り終わった段階で、メイク崩れが気になる小鼻周辺に化粧水ミストをしゅっと吹きましょう。気になる箇所にミストを吹いたら、コットンでおさえます。このとき、こすったり強く押さえすぎると、せっかくのせたリキッドを拭き取ってしまいます。余分な水分をとるように軽く叩いて密着させましょう。

■STEP5 仕上げのパウダーはブラシで

最後にパウダーをのせます。パウダーを均等に薄くのせるためにも、ブラシを使うようにしましょう。パウダーをしっかりのせることで、メイクのよれや崩れを防ぐことができます。とはいえ、つけすぎは禁物。くるくると回すように、顔の中心から外に向かってつけていきましょう。特に、小鼻の周りは丁寧にしっかりと。最後に、粉を落としたブラシで、顔全体の余分なパウダーを軽く払います。つけすぎたパウダーを払うことでキレイに仕上がり、メイク崩れやヨレを防ぐ事ができます。

崩れにくい鼻メイクは、普段のメイクより手間も時間もかかります。しかし、この一手間が崩れない鼻メイクには重要なのです。