鼻の悩み解決コラム

2016年9月23日

美容法/お手入れ鼻の形


美しい鼻ってどんな鼻?美鼻の5条件

女性 ビューティーイメージ

鼻先が丸くずんぐり団子鼻、鼻の穴が見えてしまうブタ鼻、小鼻が広がったあぐら鼻、鼻筋が鷲のくちばしのように曲がっている鷲鼻……。鼻に関するコンプレックスはたくさん。鼻は顔の中心にあるパーツのため、印象に残りやすい部分でもあります。美鼻の持ち主として有名なのはクレオパトラですが、そもそも美鼻ってどんな鼻なのでしょうか?

美鼻に必要な条件は5つ。あてはまりますか?

このコラムで解説していること

  1. 条件その1:横顔で、鼻先と顎の先を直線で結んだEラインがある
  2. 条件その2:下から鼻を見たとき、鼻の形が正三角形である
  3. 条件その3:小鼻の幅(鼻の横幅)が左右の目頭と目頭の幅と一緒
  4. 条件その4:鼻筋の始まる位置がまつげやまぶたの高さである
  5. 条件その5:横顔で、鼻橋と小鼻が平行、かつ3〜4mm下にあり、鼻橋と顔の角度が95〜100°である

■あなたはいくつあてはまる?美鼻の5条件

○美鼻の条件・その1
「横顔で、鼻先と顎の先を直線で結んだEラインがある」
1954年に、歯科医のロバート・リケッツが提唱した美しさの基準。エステティック(Esthetic)の頭文字をとって“Eライン”と呼びます。このEラインにちょうど上唇と下唇の端がくると、鼻と口、顎周りがキレイで、横顔美人とされます。

○美鼻の条件・その2
「下から鼻を見たとき、鼻の形が正三角形である」
鏡などを真下に置き、鼻を下から見てみましょう。鼻の先と両側の小鼻を結ぶとどのような形になるでしょうか。正三角形ではなく、楕円だったりした場合は、団子鼻の可能性があります。また、鼻の穴が縦長である事も重要です。

○美鼻の条件・その3
「小鼻の幅(鼻の横幅)が左右の目頭と目頭の幅と一緒」
小鼻が横に広がりすぎていないかをチェックするには、左右の目と目の間の幅をこえているかどうかで判断します。左右の目と目の幅を著しくこえている場合、あぐら鼻の可能性があります。

○美鼻の条件・その4
「鼻筋の始まる位置がまつげやまぶたの高さである」
眉間から、鼻の始まり(鼻筋の一番低い所)が、まつげやまぶたの高さであること。これが低いと、鼻が小さく、低く見えてしまいます。きりっとした美人に見られるためには、鼻筋の通り方が重要です。

○美鼻の条件・その5
「横顔で、鼻橋と小鼻が平行、かつ3〜4mm下にあり、鼻橋と顔の角度が95〜100°である」
鼻橋とは、鼻の穴と穴の間にある部分のこと。ここの形や顔との角度を見ることで、鼻が上向きすぎていないか、または魔女のような鼻になっていないかが確認できます。

あなたの鼻はこの条件にいくつあてはまりましたか?この条件がたくさん当てはまるほど、美鼻であると言えます。芸能人では、長澤まさみさん、満島ひかりさん、加藤あいさん、吉瀬美智子さんなどはスッときれいな美鼻ですよね。美人の鼻は印象に残らない、とも言いますが、美鼻は美人に欠かせない条件なのです。

また、鼻のコンプレックスを持っている人の中でも、鼻が腫れぼったい印象になってしまう鼻むくみなどは日々のケアで改善できます。適切な鼻ケアで美人の条件である美鼻を手に入れましょう!