鼻の悩み解決コラム

2016年9月9日

美容法/お手入れ


テカテカ鼻からサラサラ鼻へ!テカリ知らずの鼻へ

横顔女性

鼻の頭だけがなぜかテカテカ……。大事な予定やデートがあるときは最悪ですよね。顔の中でも特にテカりやすい鼻を含むTゾーン。しかし、テカるからと言ってファンデーションを厚塗りするのはだめ!鼻テカリを抑えたい人は以下のことに気をつけましょう。

このコラムで解説していること

  1. 鼻テカリは何故起こる?
  2. 鼻テカリを防ぐ方法!

■鼻テカリは何故起こる?テカリのメカニズム

鼻テカリの原因は、皮脂腺から分泌される過剰な皮脂。皮脂腺はすべての毛穴の奥にあり、手のひらや足裏を除く全身の肌にあります。では、全身に毛穴と皮脂腺があるはずなのに、どうして鼻だけがテカるのでしょうか?

実は身体の部位によって、皮脂腺が活発なところとそうでないところがあり、特にTゾーンは皮脂分泌量が多いゾーンになっているんです。その他、Uラインと呼ばれるあごを中心としたフェイスラインも皮脂分泌量が多く、頬の約2倍、Tゾーンは人によってはそれ以上に皮脂腺の動きが活発なこともあります。そのため、数時間で他のパーツより鼻のテカリが目立ってきてしまうというわけです。

しかし、皮脂は肌にとって必要なもの。皮膚内部の水分が失われないよう、汗と混ざって皮脂膜という膜を形成し、肌を保護したり、皮膚表面を弱酸性に保ち、雑菌の増殖を防ぐ役割もあります。この皮脂膜がないと肌がカサカサに乾燥してしまったり、荒れてしまったりします。そのため、適度に皮脂を分泌させるのが、サラサラ鼻への近道なのです!

■サラサラ肌を実現する、鼻テカリを防ぐ方法!

(1)洗顔・スキンケアの改善
鼻テカリを押さえたいとき、第一に見直したいのが洗顔です。鼻テカリが気になるため、過剰に洗顔をしていませんか?過剰な洗顔で皮脂が失われすぎると、補うために皮脂の分泌がさらに活発になってしまいます。洗顔は多くても朝と夜の2回程度にとどめ、どうしてもそれ以上洗顔をしたい場合は、洗顔剤を使わないようにしましょう。また、洗顔後にしっかり保湿することも重要です。洗顔後は皮脂を洗い流してしまっているので、肌が乾燥しやすい状態になっています。そこでしっかり保湿してあげないと、皮脂の分泌を促してしまうことになります。

(2)ベースメイクやファンデーションの見直し
鼻テカリが気になる人は、テカリ防止下地やリキッドタイプのファンデーションを使っていませんか?テカリ防止下地やリキッドファンデーションは油分が多いため、使い続けていると肌がもっと皮脂を必要としていると勘違いしてしまいます。カバー力のあるタイプを使いたくなる気持ちはわかりますが、鼻テカリを防止したいなら、パウダータイプのファンデーションがおすすめです。リキッドタイプを使う際も薄塗りを心がけましょう。化粧品で鼻テカリを抑えるというよりは、洗顔やメイクを見直して、肌自体の皮脂分泌を抑えることが鼻テカリを防ぐ近道です。

鼻のテカリを防ぐため、何よりも大切なのが「保湿」です。皮脂分泌は、乾燥が大きく影響しています。テカっているなと思ったら、いつも以上に洗顔後の保湿をしっかりしましょう。