鼻の悩み解決コラム

2016年8月19日

鼻について鼻の形


気をつけよう!鼻のむくみとその原因

鼻をつまむ女性

身体のコンディションが悪いとき、起こりやすいのがむくみ。むくみといえば、足や顔のむくみがイメージしやすいですが、なんと、鼻もむくみは起こるんです!

鼻がむくむと、鼻筋や小鼻が腫れぼったくなり、団子鼻のような状態になります。腫れぼったい大きな鼻はなんだかまぬけで嫌ですよね。この鼻むくみ、どういった原因で起こるのでしょうか?

原因と改善方法を知って、しゅっときれいな鼻を手に入れましょう。

このコラムで解説していること

  1. 鼻のむくみの原因は?
  2. 鼻のむくみを改善するには?

■鼻むくみの原因

むくみとは、体内で水分調整がうまくいかなくなることで、脂肪の多い場所で起こりやすい症状です。本来、鼻は脂肪が少ないため、むくみにくい場所ではあります。では、なぜむくんでしまうのか?

実は、その原因は、鼻の内側、鼻孔内の炎症等。特に、慢性的な鼻炎等で粘膜が弱い人に多く、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎で長時間の鼻づまりがあると、鼻粘膜が弱まり、傷つきやすくなり、ちょっとしたことで鼻が敏感に反応し、むくみを起こしてしまうのです。花粉症も、鼻のむくみを引き起こします。

鼻のむくみを放置すると、毛穴が開いてしまったりするトラブルも招きます。鼻炎症状がない人でも、顔全体がむくんでいると、鼻のむくみには気づかないこともあります。顔や鼻が普段よりも大きいなと感じた人は、一度むくみを疑ってみましょう。

■鼻のむくみ、改善方法は?

では、鼻のむくみを改善するためにはどうすればいいでしょうか。

一番の原因は、先ほども紹介した通り、鼻炎です。鼻炎の解消が先決です。アレルギー性鼻炎などの突発的なものの場合、市販薬で対応する人もいますが、きちんと病院を利用するのが一番。一時的に症状は治まるかもしれませんが、根本的な解決には至りません。

また、鼻炎ではないのに、鼻のむくみが出る人は、朝夜のホットタオルで鼻の血流を促進したり、普段から鼻呼吸を心がけることで、むくみの起きにくい鼻にすることができます。口呼吸ばかりになっていると、免疫の低下などの悪影響も出てくるので、普段から口呼吸気味の人は、意識して鼻呼吸をするようにしていきましょう。

大きな鼻が気になっている、というあなたの鼻、もしかしたら慢性的なむくみかもしれません。改善方法を試してみて、鼻が小さくなった!なんてこともあると思います。まずはむくみの原因をさぐり、それに合った対象法をしてみましょう。コンプレックスを解消して、素敵な毎日を送りたいものです。