鼻の悩み解決コラム

2016年5月20日

メイク術


テカリを抑えて鼻からメイクを崩さないメイク術

目を閉じてる女性

朝ばっちり化粧をしても、夕方から鼻がテカってきてメイクが崩れてしまう。とくに鼻を中心とするTゾーンあたりはテカリが気になって、メイクに悩んでいる人も多いでしょう。そこで、テカリを抑えて鼻からメイクを崩さない方法をご紹介します。

このコラムで解説していること

  1. 鼻がテカる理由
  2. 鼻がテカらないメイク
  3. 過剰な鼻のテカりケアはNG

■そもそも鼻がテカる理由とは?

体に適度な潤いを与えるために、皮脂を分泌する皮脂腺というものがあります。これは、顔の中でもとくに鼻に多く、皮脂を過剰分泌することで、テカってしまうのです。また、鼻を中心としたTゾーンの皮脂腺は、他の場所と比べて非常に活発な働きをしているため、数時間で鼻がテカってしまうということもあります。

この皮脂の分泌量が正常なら問題はないのですが、多くの皮脂腺を正常に働かせるのは至難の業。また、分泌量が少なすぎると、ガサガサの鼻になって肌荒れを起こしてしまいます。そのため、肌のためには少しテカるくらいがちょうどいいのです。

でも、鼻のテカリはメイクを崩してしまう厄介なもの。そこで、メイク方法を少し見直して、テカリで崩れないメイクをしましょう。

■ちょっとした工夫で、鼻をテカらせないメイク術

まずは、化粧下地の見直しからです。下地は、皮脂吸着の働きがあるものにしましょう。顔全体に対応している皮脂吸着下地もありますが、Tゾーン用のアイテムのほうが効果が高く、オススメです。

そして、ファンデーションはパウダータイプを選びましょう。リキッドやクリームタイプのファンデーションは、パウダーに比べるとそれ自体に含まれている油分が多く、皮脂にその油分が重なってしまうと、余計テカって見えてしまうので、注意が必要です。

ファンデーションが合わない、パウダータイプでもどうしてもテカってしまう。そんな人は、ファンデーション代わりにベビーパウダーを使いましょう。赤ちゃんの肌にも使える安全性にプラスして、さらさらでスッピン風メイクも可能にしてくれます。ファンデーションが苦手、肌にダメージを与えたくない人にはピッタリです。

■鼻のテカリが気になるからと言って、過剰なケアはNG

テカリを根本的に解決したいからと、鼻を何度も洗う、毛穴を引き締める収れん化粧水をつけすぎるなど、過剰なケアはNGです。本来持っている鼻の皮脂分泌量が乱れてしまい、かさかさになったり、逆に皮脂が出過ぎたりと、いい結果を生みません。ケアで大切なのは、しっかりと保湿をすること。そして、栄養バランスに気をつけ、脂っこい食事を控えましょう。

鼻のテカリは厄介なものですが、それを無理に治そうと行き過ぎたケアを行ってしまうと、悪化してしまうことがあります。まずは、メイクでカバーをして、それから生活習慣の見直しをしましょう。