鼻の悩み解決コラム

2016年4月22日

メイク術


鼻を美しく見せる、コンシーラー活用術

ブラシとパフ

気になるシミやしわをすっと隠すことができるコンシーラーは、メイクのお役立ちアイテム。スティック状のものからリキッドタイプ、クリームタイプと種類も豊富で、日頃から愛用している人もいるでしょう。ただ、コンシーラーをしみ隠しや、ニキビあと隠しだけに使うのはもったいない!
コンシーラーを活用すれば、美しい鼻をメイクすることができます。そこで、鼻を美しくするコンシーラー活用術をご紹介します。

このコラムで解説していること

  1. タイプ別の毛穴対策
  2. 鼻を小さくするコンシーラーの活用法
  3. 鼻の穴を小さく見せる

■コンシーラーでできる、タイプ別の毛穴対策

鼻の毛穴の開きには、肌のたるみによって開いてしまった「たるみ毛穴」。ニキビが炎症を起こして凸凹になってしまった「凸凹毛穴」。角栓が詰まってしまった「角栓毛穴」などがあります。

たるみ毛穴や凸凹毛穴は、毛穴が大きく開いてしまっているので、少し柔らかめのリキッドタイプのコンシーラーがベスト。使い方は、ファンデーション後に塗るようにしてください。手の甲にコンシーラーをとって体温で温めてから、毛穴に影を作らないように、叩き込むように塗りましょう。

角栓毛穴には、かためのスティックタイプのコンシーラーがオススメです。かたいコンシーラーは柔らかいものよりカバー力が強いので、効果的にカバーしてくれます。また、小鼻の横は塗りにくいので、筆にコンシーラーをつけて塗り、そのあとスポンジで叩き込むようにするときれいに仕上がります。こちらもファンデーション後に塗った方が効果的です。

■初心者も簡単 鼻を小さく見せるコンシーラーの活用法

鼻を小さく見せるメイク法は、ノーズシャドウやハイライトを使うことが一般的です。鼻筋にシャドウを入れて、鼻の両脇にハイライトを入れることが普通ですが、微妙な色の違いで仕上がりが大きく変化します。とくにハイライトを入れると不自然に見えてしまう人は多く、小鼻メイクは難易度が高いと思っている人もいるでしょう。

そこでハイライトの代わりに、コンシーラーを使いましょう。ハイライトよりも効果は低くなりますが、不自然に見えることはなく、確実に鼻を小さく見せることができます。今まで小鼻メイクは難しいと諦めていた人は、ぜひコンシーラーを活用してみてください。

■鼻の穴を小さく見せるコンシーラー活用術

これは本当に簡単にできる方法で、鼻の穴が気になる人におすすめ。綿棒にコンシーラーをとって、小鼻の周りに塗ります。たったこれだけなのに、効果は抜群! 鼻の穴が気になる人は、ぜひ試してみてください。

コンシーラーは、シミやニキビあとなど、ワンポイントでたまに使うだけという人もいますが、使いやすく使い方いろいろの便利メイクアイテムです。ぜひこれからのメイクに取り入れてみてください。