鼻の悩み解決コラム

2016年1月12日

低い鼻美容法/お手入れ鼻の整形


整形も化粧もなしで、鼻は高くなるのか?

女性なら誰でも憧れる、高い鼻。鼻の整形は、整形したい部位として、目元、しわに続いて、第3位となっています。でも、整形に踏み切るにはちょっと勇気がいるという人は、メイクでなんとか鼻を高くしようとします。しかしこれでは、メイクを落としたときに、元の鼻に戻ってしまいます。今回は、巷でウワサされている整形なしで鼻を高くする方法について検証していきます。

1.鼻を高くする危険な方法
2.鼻は高くならないのか?

■あなたはやっていませんか? 鼻を高くする危険な方法

鼻を高くする方法として、一時期「鼻叩き」というものがはやりました。これは、鼻を叩くことによって衝撃を与えて、鼻の成長を促すというもの。一度折れたり、ひびが入った骨は、人体の防衛機能によって再生するとき、太くなるという原理を利用したもので、実際には指でコツコツ叩くのがやり方だと、紹介されています。

ただ、これくらいの衝撃では意味がありません。逆に、思いっきり叩いて、骨にひびを入れて再生させるくらいまで衝撃を与えるということは、鼻の骨を潰すことになり、それでは意味がありません。だから実際にこの方法で鼻を高くすることは難しいといわざるを得ません。

さらに、鼻に常に衝撃を与えるということは、鼻の皮膚が防御反応を起こして、黒ずみや、肌荒れの原因にもなってしまいます。鼻を高くするどころか、鼻に余分なダメージを与えてしまう、危険な方法です。

■なにをしてもむだ? 鼻は高くならないのか?

整形なしで、鼻は高くならないかというと、そうではありません。もちろん実際に、高くするためには整形が必須ですが、鼻は軟骨で構成されています。軟骨は比較的癖がつきやすい骨。鼻がゆがんでいる人は、毎日のセルフマッサージで矯正することができます。ちょっとしたゆがみも、治してすっきりした鼻にすることで、鼻が高くなったように見えることもあります。もちろん、実際に高くなることはありませんが、鼻筋を整えるレベルならば可能です。

ただし、軟骨といえど、そうそう変化はありません。いち早く鼻を矯正しよと過激に力を加えたり、長時間鼻に圧力をかける人がいますが、それは大変危険です。鼻の矯正を自分でやるときは、年単位でゆっくりじっくりとしなくてはなりません。

■安全性、速効性を重視して鼻を高くするなら

顔の中心にあって、最も人に印象を与えるともいわれる鼻。鼻を高くするためのセルフケアは時間と根気が必要です。
短期間でかなえたいなら、美容整形も一つの手段として検討してみてもいいかもしれません。自分の理想のラインを作ることができ、セルフケアより確実に安全です。

鼻を高くしたい(鼻が低い)方におすすめの美容整形、ベスト3。

1位:ヒアルロン酸注入による隆鼻術

2位:レディエッセ注入による降鼻術

3位:プロテーゼによる降鼻術