Dr.高須幹弥が解決! 鼻&美容整形相談室

2017年8月23日

悩み/不安術後


夏休み中に鼻の手術を考えています。夏場は傷が化膿しやすいって本当ですか?

学生さんや社会人の方ですと、まとまった休みが取りやすいため、夏休み中に鼻の手術を考える方も多くいらっしゃいます。
そういった方によくいただく質問が、「夏場の手術は傷が化膿しやすいですよね。大丈夫でしょうか?」「夏場に鼻ギプスで固定すると、汗をかきますよね。傷口が感染しやすくなったりしませんか?」といった内容のものです。
他にも、ご年配の方からも同じような質問をいただきます。
確かに昔からよく「夏場は傷が化膿しやすい」とは耳にしますが、医学的な根拠はあるのでしょうか。

Dr.高須幹弥

■結論から言いますと、現代においては迷信のようなものです

確かに、衛生状態の悪い雑菌だらけの環境下で汗をだらだら流し続けていたら、傷口にはよくないでしょう。
また、手術直後に夏の強烈な日差しの下を何時間も歩き回ったり、激しいスポーツをして汗だくになったりするのもよろしくありません。

しかし、そうさせないために医師は必ず術後に安静のための指示を出します。
しっかりと安静と休養をとっていただいていれば、普通に生活や家事をしていたく分には夏でも全く問題ありません。
また、日常生活における汗だけで化膿や感染を起こすことはありませんので、ご安心ください。

■少しくらい汗や水が傷口についても、すぐに感染や化膿を起こすことはありません

確かに傷が完全に塞がるまでは汗や水で濡らさないほうが良いですが、そもそも少しくらい汗や水が傷口についたからといって、すぐに化膿や感染を起こすことはありません。
99.9パーセント「ない」と言い切れるくらいです。

もしも汗や水で傷口がぬれてしまったら、その時は清潔なタオルやティッシュペーパーでポンポンと軽くふき取ってください。
それだけで大丈夫です。

■季節に関係なく、医師の指示を守ることが大切です

以上のように、夏でも冬でも傷の治りや化膿に関しては、季節はあまり関係ありません。
それよりも、手術の後の「このくらいの期間安静にしてください」「お薬を一日三回、必ず飲んでください」といった医師の指示を守っていただくことが重要です。
他にも心配なことがあれば、どんどん聞いてください。

ちなみに、手術以外の施術、例えばボトックスやヒアルロン酸などの注射や、目の整形、イタリアンリフト等の糸のリフトや照射系の施術に関しても同じです。
どんな施術でも、季節によって、手術の結果や回復の早さに違いがでることはありません。
医師の指示に従って、夏場でもどうぞ安心して施術を受けてください。