Dr.高須幹弥が解決! 鼻&美容整形相談室

2016年10月8日


美容整形をする人は皆、お金持ちばかり!?

「美容整形をしたいけれど、美容整形クリニックを訪れるような人たちはみな、お金持ちで、自分が行くのは場違いなのでは?」と引け目を感じてしまっている患者さんからの質問にお答えします。

いつか幹弥先生に自分の顔を整形してもらいたいと思っているのですが、私は不細工だし、お金持ちでもありません。私みたいな人間が高須クリニックに行ってもいいのでしょうか。やっぱり高須クリニックの患者さんは、きれいでお金持ちの人ばかりなのでしょうか。私みたいな人間が行ったら場違いではないかと、とても不安でなかなか勇気が出ません。

Dr.高須幹弥

■心配無用!クリニックにはさまざまな人が来院されます

不安でなかなか勇気が出ないということですが、そうした心配はご無用です。高須クリニックには、ありがたいことに本当にいろんな人が来院されます。ですから、どんな人が来ても悪目立ちすることはありません。

患者さんの中には、たしかにきれいな人もいらっしゃいますが、美容整形外科はもともと、外見にコンプレックスのある人が、それ払拭してきれいになるために来る場所です。きれいな人ばかりというより、むしろコンプレックスを抱えている人のほうが割合として多いのでは?と思います。

また、もちろん裕福な患者さんもいますが、遠方から夜行バスに乗って治療をしに来る若い患者さんもたくさんいらっしゃいます。九州や大阪、名古屋などから夜行バスで東京へ来て、そして二重まぶたの手術などをして、再び夜行バスで地元に帰っていくんです。
それぐらい「なるべくお金を節約してでも、高須クリニックで手術を受けたい」と思って来院してくださるわけですから、ものすごくありがたいことですよね。

話は少しそれましたが、こうしたことからもわかるように、高須クリニックにはいわゆる「きれいでお金持ち」な人ばかりがいらっしゃるわけではないですし、患者さんの見た目や年収で差別をするなんてことは絶対にありません。心配はいりませんよ。

■来院時はスッピンでもOK!素のあなたでいらしてください

せっかくなので、患者さんからよく聞かれることもお話ししておきますね。
まず、男性と女性の比率で言うと、男性2:女性8ぐらいです。やっぱり女性のほうが多いので時々、男性の方から、「男なんですけど、行っても大丈夫ですか?」という問い合わせをいただくのですが、男性の患者さんもたくさんいらっしゃいますから、恥ずかしがらずにいらしてくださって大丈夫です。

また、年齢層も下は小学生から上は90代まで、実に幅広いので、どんな年齢の方がいらしても恥ずかしいことはないと思います。一番多いのは20代の方ですが、小学生の子がお母さんに連れられて、「ほくろを取りたい」と来院することもありますし、90代になって「もっと若返りたい」と、フェイスリフトの手術やヒアルロン酸の投与をされにいらっしゃる方もいます。

そのほか、外国の方もたくさんいらっしゃいます。わざわざ中国から僕を指名していらしてくれる方など、とにかくいろんな方がいらしていて、るつぼのような状態です。ですから気後れする必要はまったくありません。大丈夫です。

それと、「おしゃれして行かないといけませんか?」と質問される方もいますが、おしゃれする必要はまったくないですね。診察して治療する僕らの側としては、できればスッピン&ジャージ姿で来てほしいくらいです(笑)。

どんなにキレイにお化粧していても、メイクを落としてもらわないと正確な診察はできませんし、施術内容によってはボディの診察も行ないます。そのときも、二の腕やバスト、お腹、太もも、お尻などを直接見せてもらう必要があるんですね。おしゃれをして、いろいろ着こんでいると脱ぎ着が大変なので、パパッと脱げるジャージのような服装のほうが、ありがたい、というわけです。

おしゃれもせず、気後れする必要もなく、何も考えないで普通に素のままでいらしてくれれば結構です。皆さんのお越しをお待ちしていますね。