Dr.高須幹弥が解決! 鼻&美容整形相談室

2016年12月13日


やっぱりもう少し鼻を高くしたい。手術の直前でプロテーゼの高さを変えることはできますか?

カウンセリングをして、その時は納得して鼻の高さを決めたけれど、家に帰ってよく考えていたら「やっぱりもう少し高くしたい……」という欲が出てくる方は多いです。では実際に、手術の直前になってプロテーゼの高さを変えることはできるのでしょうか?

Dr.高須幹弥

■できますが、あまりおすすめはいたしません

じっくりカウンセリングをして納得いただいていたのですが、「せっかく手術をするのだし、値段も同じならもう少し高く……」と欲が出るのでしょうか、胸や鼻の施術で直前にサイズをもう一段階大きくしたいと希望される方は珍しくありません。

結論からいうと、鼻のプロテーゼは様々なサイズのものを常に何十本もそろえてあるので、直前でもサイズ変更をすることは可能です。
けれども、医師としてはあまりおすすめできません。

■しっかりカウンセリングをするには理由があるのです

おすすめできない理由としては、カウンセリング時に見させていただいているのは、鼻だけではないからです。

プロテーゼは、皮膚の薄いところにあまり高いものを入れると、プロテーゼの輪郭がしっかり浮き出て不自然になってしまいます。また、若いときに問題がなくても、年をとると皮膚が薄くなっていくので、後々に浮き出てくることも考えられます。
そうなった場合は、入れ替え手術や修正手術が必要になるわけです。

以上のようにならないためにも、カウンセリング時にはまずお客様のご希望を聞き、皮膚の厚みや肉のつき方、輪郭やバランスなど、総合的に見て一番長期的なリスクや問題の発生が少なく、自然に見える高さをおすすめしています。
サイズを上げるということは、こういったリスクも一緒に上昇するものと考えましょう。

■迷ったなら、医師に任せましょう

以上のことを踏まえた上でも強くご希望されるのなら、直前でもサイズ変更はできます。
その際にはもう一度、「こういったリスクが高くなります」という説明と確認をさせていただいています。

「それでもいいのでやってください!」というならかまわないのですが、もしそこで「どのくらいリスクが上がるのかしら……」「やっぱりやめておこうかな」と迷いが生じるようであれば、その時は判断を医師にお任せいただけるのが一番良いと思います。

クリニックは責任を持って手術をする側です。
これから生じるリスクや、今後も不自然にならないような大きさ、将来問題が起きないためにといったことを、たくさんの症例と経験から照らし合わせて、患者様にとって一番よいと思う判断をさせていただきます。