Dr.高須幹弥が解決! 鼻&美容整形相談室

2016年10月28日


鼻へのヒアルロン酸注射は、どのくらい持続しますか?

プチ整形として人気のあるヒアルロン酸注射ですが、持続期間はどのくらいなのでしょう?また、次に注射をするには、どのくらい間隔を空けたらいいでしょうか。とても質問が多いこの疑問に、すっきりお答えします。

Dr.高須幹弥

■鼻のヒアルロン酸注射の基本的な持続期間

まずヒアルロン酸注射の持続期間についてですが、これは、ヒアルロン酸の種類によって違ってきます。
安価で質の悪いものや密度の薄いものであれば、早々に体内に吸収されるため、持続時間が短くなりがちです。悪質なクリニックですと、水や麻酔で薄めたヒアルロン酸を注入するところもあり、これでは当然長持ちなどしません。

高須クリニックで使用している高品質の鼻専用ヒアルロン酸の場合ですと、持続するのは大体2年くらいです。
それ以上を求めるのであれば、もう1ランク上の「長期持続型ヒアルロン酸」を使用すれば、通常のヒアルロン酸の約3倍は長持ちすることでしょう。

ただし、これは鼻だけの話であって、ヒアルロン酸は注射をする部位によっても持続期間は大幅に変わります。
気になる箇所がある場合は、医師に直接確認すると良いでしょう。

■注入方法によっても変わります

また、注入する方法によっても持続期間は変わります。
一般的に、以下のような場合は平均よりも持続時間が長くなることが多いです。

①皮膚の浅いところに注射をする
実は、皮膚の浅いところのほうが、ヒアルロン酸が吸収されるスピードが遅いためです。

②同じ部位に繰り返し注射をする
同じ部位にヒアルロン酸を繰り返し入れていると、だんだんとその場所のヒアルロン酸の周囲にコラーゲン皮膜が作られ、吸収されにくくなっていきます。

③ひとつの場所に注入する
ヒアルロン酸を少しずつ広範囲に注入するよりは、まとめて一箇所に注入したほうが長く持続します。
なぜかというと、そのほうがヒアルロン酸と周りの細胞との接触面が小さくなるため、吸収が遅くなるからです。

カウンセリングを受ける際に、参考にしてください。

■注射の間隔はどのくらい空ければいいの?

以上のことから、ヒアルロン酸の持続期間には、やり方や部位によってかなりの差があります。
ですから当院では、「次回の注射は?」と聞かれた場合、「特に決まっていません」とお返事をしています。

ヒアルロン酸はそれぞれのスピードで徐々に身体に吸収されていきますから、また鼻が気になって、ヒアルロン酸注射をしたいと思うようになるタイミングでお越しくださるのが良いでしょう。
間隔は、三ヶ月の方もいらっしゃいますし、数年に一回の方もいらっしゃいます。ご予算にあわせて、好きな間隔でいらしてください。