Dr.高須幹弥が解決! 鼻&美容整形相談室

2017年9月1日

施術鼻の整形


鷲鼻を治したいです。どのような施術になりますか?

日本人には小さく低い鼻にお悩みの方が多く、鼻を高くする施術に関しては、シリコンプロテーゼやヒアルロン酸注射など、一般的にもよく知られています。
しかしその逆に、顔の中で存在を主張しすぎるワシ鼻や段鼻にお悩みの方も一定数いらっしゃるのですが、その施術に関してはあまり知られていません。
例えばワシ鼻を修正するには、一体どういった施術があるのでしょうか。

Dr.高須幹弥

■大きくわけてふたつの方法があります

ワシ鼻修正には、大きく二通りの治療法があります。

まずひとつは、鼻のピーク部分の骨と軟骨を削って、段差をなだらかにする方法。
鼻の高さが骨を削ったぶん低くなるので、鼻がもともと高い人や、鼻を低くしたい人に適しています。

もうひとつは、逆にシリコンプロテーゼやヒアルロン酸で、ワシ鼻の出っ張った部分を高くしてまっすぐに修正する方法です。
こちらは鼻を高くしたい人、鼻を今よりも低くしたくない人に向いています。

■鼻を高くする修正施術

ワシ鼻の修正手術で、鼻を高くするタイプのものですと、ヒアルロン酸注射やシリコンプロテーゼの挿入があります。

骨が突き出している箇所を基準にして、鼻筋がスッと滑らかになるようにまわりにヒアルロン酸やシリコンプロテーゼを挿入します。
基本的に、鼻を高くすることによりワシ鼻を目立たなくする施術ですので、大きすぎる鼻が嫌だ、鼻を目立たせたくない、といった方にはハンプ切除(骨の段になっている部分の切除)手術をおすすめいたします。

■鼻を低くする修正施術

逆に、鼻の飛び出ている部分の骨や軟骨を削るのが、ハンプ切除手術です。

鼻の穴の内部を切開し、そこから鼻骨の飛び出た部分を切除したりやすりで削ったりして、形をまっすぐ整えます。
更に、もともとハンプが大きく発達している方の場合は、ハンプを除去した部分が平らになりすぎるため、取り除いた骨を小さくなだらかになるよう削って、再移植する場合もあります。

また、鼻自体が横に広がって大きい場合は、ハンプだけを削っても不自然になることがあるので、その場合は骨切り幅寄せ手術も同時におすすめする場合もあります。

いずれにせよ、ワシ鼻の段差を少し残してマイルドなワシ鼻にしたいのか、高さを残してまっすぐ鼻筋を通したラインにしたいのか、小ぶりな鼻にしたいのか。患者様がどのようなデザインにされたいのかを元に、カウンセリングでバランスを見ながら最も適した施術のご提案をさせていただきます。
カウンセリングで、ご予算やどのような鼻になりたいかなどを、しっかりと医師へお伝えください。