Dr.高須幹弥が解決! 鼻&美容整形相談室

2017年3月1日


無愛想な顔を美容整形で愛想良くできますか?

今回は、他人からよく「怒ってる?」と聞かれてしまうくらい無愛想な顔を、愛嬌のある顔に整形したいというご相談にお答えします。無愛想な顔を美容整形で変えることはできるのでしょうか?

私はよく、人から無愛想に見られることがあり、悩んでいます。自分では無愛想にしているつもりはないのですが「怒ってる?」と、いつも聞かれてしまいます。無愛想な顔を美容整形で愛想のある顔にすることはできますか?真剣に悩んでいます。

Dr.高須幹弥

■無愛想な顔に見られる原因

顔のつくりによって「無愛想に見られる場合、大きく2つの原因が考えられます。まずは一重まぶたで目が細い人。なんとなく無愛想に見られたり、怒っているように見られたりすることがあります。

あとは、口角が下がっている人。人の顔は、笑ってない時や怒っている時、口角が下がっているものです。ですから、口角が下がっていると無愛想に見られたり、怒っていると勘違いされたりする傾向があります。

以上のような特徴に当てはまる人は、無愛想に見られがちかもしれません。

■無愛想→愛想の良い顔に変える美容整形手術

無愛想に見られる原因が、一重で細い、目のかたちにあるということであれば、二重の手術をするのがいいと思います。そうすることで、にらんでいるような印象が解消されるでしょう。

口角が下がっていることで無愛想に見られる人の場合、もともと口角が下がった顔つきのこともありますが、どちらかというと意識して自分で口角を上げる努力をしていないケースが多いようです。愛想のいい人や、いつもにこにこして見える人は、意識して自分で口角を上げている人が多いもの。まずは自分で口角を上げる努力をするのが大切です。筋肉をぐっと収縮させて、「にっ」と口角を上げれば、それだけで愛想のいい顔に見えてくるでしょう。

そうやって口角を上げるトレーニングをし続けることによって、筋肉や神経が発達してきて、意識していなくても、だんだんと口角が自然に上がってくるようになってきます。すると、神経が刺激され、気持ちまで明るくなりますよ。

あまり一般的ではありませんが、口角の粘膜と皮膚の境目を切って、上に縫い付け、物理的に口角を上げるという手術もあります。ただ、それはちょっと不自然な顔になりますので、おすすめはできません。ボトックスやフェイスリフトをすることによって自然に口角を上げる分にはよいですが、メスを入れるくらいなら、口角を上げる努力をしたほうがよいでしょう。

■愛想のいいフリをしてみる

余計なお世話かもしれませんが、無愛想に思われてしまう人というのは、本人にそのつもりがなくても、客観的に見ると無愛想になってしまっていることがあります。例えば、みんなが笑っている時はおもしろくなくても笑ってみたり、いつも口角を上げて愛嬌のあるフリをしてみたりすることも有効です。そうするうちに、ただのフリだったものが、本当の性格になってくることもあります。

無愛想に見えると損をすることもあるでしょう。努力して、改善していけるとよいですね。