Dr.高須幹弥が解決! 鼻&美容整形相談室

2016年11月18日


鼻へのヒアルロン酸注射、バランスや仕上がりがイメージと違ったりしませんか?

手軽にできるヒアルロン酸注射ですが、「左右のバランスが崩れたりしないでしょうか?」「鼻が高くなりすぎたり、イメージと違ったりしませんか?」といった質問をよく頂戴します。そこで、高須クリニックならではの丁寧な施術についてお答えしましょう。

Dr.高須幹弥

■イメージ通りになるよう、施術中にご本人にも確認してもらいます

高須クリニックでは顔にヒアルロン酸を注射する際に、イメージ通りになるよう、施術中に患者様ご本人に確認していただいています。
もっと具体的に説明しますと、ヒアルロン酸は一本1ccですがそれを一気に全部入れてしまうのではなく、少しずつ入れてその都度鏡で本人にチェックしていただきます。

勿論、施術中はクリーム麻酔をしていますので、痛みはほとんどありません。
注射のときは目を瞑っていただき、少し注入して鏡で確認、という作業を繰り返し、患者様の理想の鼻を作り上げていきます。
患者様のイメージ通りになれば施術終了です。

このように、施術中に逐一確認ができますので細部にまでこだわれますから、「施術が終わったらイメージと全く違っていた!」「鼻が高くなりすぎてしまった」といったご心配は無用です。

■できるだけ左右対称になるように仕上げます

更に、鼻に限ったことではないのですが、当クリニックでは施術は可能な限り左右対称に仕上がるよう努力しています。
人間の身体はもともと骨格や筋肉、すべてにおいて左右で違いがあるものなので、鼻の先もどちらかに曲がっていることが多いです。いい加減な施術ですと、この左右の違いが大きくなってしまうこともあります。
また、「多少左右で違いがあったほうが人間味があって良い」という医者もいますが、美容整形に訪れるのは何時間も鏡で自分の顔を眺め、気になる部位がある方です。他人は気付かないような僅かな左右のずれでも、ご本人は見るたびに気にしてしまうことでしょう。

では、細かなところまで左右対称にする繊細な手術をするために、医師に必要なのものは一体何でしょう?
それは、術者の手が器用であることと、手が震えないこと、そして集中して丁寧に手術を行う精神です。

高須クリニックには、手先が器用なベテラン医師しか居りませんので、どうぞご安心ください。抜群のセンスと技術力で、細かな施術も心をこめて丁寧に行います。