Dr.高須幹弥が解決! 鼻&美容整形相談室

2017年6月14日


右と左で鼻の形や大きさが違います。どうしたら良いでしょうか?

カウンセリングでよく相談されるのが、「左と右の鼻の形が違うのですが、左右同じ施術で大丈夫でしょうか」「以前骨折して鼻が右に歪んでいます。治せますか?」といった、鼻が左右非対称であることに関する不安です。
勿論大丈夫です。左右非対称であっても何の問題もありません。大切なのは、患者様が「どんな鼻になりたいか」と思っているかです。

Dr.高須幹弥

■可能な限り左右対称に仕上げます

もともと人間の体や各パーツは、非対称にできています。
それが大であれ小であれ、美容整形手術を行う際、高須クリニックではできる限り左右対称に仕上げるようにしています。
少しくらい非対称にしたほうが自然だという医師もいるかもしれません。ですが、患者様にとってはこれからも一生お付き合いして毎日鏡で見るパーツな訳ですから、ご希望の通りに美しく仕上げたいと考えます。

ただし、大本の土台となる全体の骨格や筋肉も左右でずれはあるので、均等になるよう手術をしても、僅かな左右差は出てきます。「できる限り」ということを念頭においていてください。

■明らかな左右非対称の鼻には、積極的に治療いたします

また、鼻を骨折して曲がったままになっていたり、成長過程で鼻が曲がってしまったりで非対称になったままの方に関しては、積極的な治療をするのが良いと考えます。

そういった方には、骨を切る斜鼻修正手術やヒアルロン酸注射を組み合わせて、できるだけまっすぐに近づける施術をおすすめいたします。

骨を切るほどではない、または多少の左右差であれば、長期持続型ヒアルロン酸を注射して修正すると良いでしょう。
ヒアルロン酸注射は痛みや腫れもほとんどなく、患者様に鏡を見て確認していただきながら注入できるので、大変満足をいただいています。

まずは一度カウンセリングにいらしてください。
直接診察をして、ご希望を細かく伺いながら、患者様にとって一番よい方法を提案させていただきます。

■左右対称にするためにも、医師選びは慎重に!

鼻だけでなく、まぶたや頬などを手術で左右対称にする際、まず大事なのは医師の腕です。
ミリ単位の精密な作業を狂いなくこなせるか、指先が震えないか、集中して細かい作業が行えるか……などなど、いかに器用で丁寧かがものを言います。
いい加減な手術を行えば、もともと左右差がなくても仕上がりでバランスがおかしくなることもあるので、医師選びには慎重な姿勢が必要です。

高須クリニックには熟練の器用な医師ばかりを揃えていますので、その辺はどうぞご安心くださいね。

まとめ

  1. もともと人間の体や各パーツは、非対称にできているもの。土台となる全体の骨格や筋肉も左右でずれはあるので、均等になるよう手術をしても、僅かな左右差は出てくる。
  2. 明らかに左右非対称の鼻の場合は、骨を切る斜鼻修正手術とヒアルロン酸注射を組み合わせる施術や、多少の左右差であれば、長期持続型ヒアルロン酸を注射して修正すると良い。
  3. 左右対称にする手術をする場合、まずは医師の腕が大事。いい加減な手術を行えば、もともと左右差がなくてもさらにバランスがおかしくなることもあるので注意。