Dr.高須幹弥が解決! 鼻&美容整形相談室

2016年12月26日

その他


「人は見た目が9割」って本当ですか?

今回は「美容整形でかわいくなってからチヤホヤされるようになったものの、やっぱり世の中は、人を見た目でしか判断していないのでしょうか」というお悩みにお答えします。

私は、都内で働く28歳の OLです。もともとブサイクだったのですが、一念発起して幹弥先生に手術していただいたところ、現在の新しい職場に就職してからは、同僚からも上司からも優しくされるし、合コンに行ってもたくさんの男性から話しかけられるようになりました。ブサイクだった頃は職場でも怒られてばかりで、友だちも少なかったし、合コンに行っても誰からも相手にされなかったのに整形してかわいくなってからは、急にいろんな人からちやほやされるようになりました。
結局世の中の人は、人を見た目でしか判断していないのでしょうか。仕事や家事ができても、見た目が悪ければ評価されないのでしょうか。人間の価値って見た目で何割くらい決まるものなんですか? 男性と女性、それぞれについて、先生の意見をお聞きしたいです。

Dr.高須幹弥

■女性は5割、男性は3割くらい、見た目に影響される?

「人の見た目の価値は何割か」と客観的に数字で表すことは、ほぼ不可能です。性別のほか、年齢や職業によっても、その割合はきっと違ってきます。それでも「どうしても」ということであれば、まったく根拠はありませんが、数字を出すことはできます。僕は個人的に、女性は5割、男性は3割くらい、見た目によってその人の価値が変わってくるんじゃないかなと思っています。

言葉は悪いけど、やっぱり世の中、見た目がいいほうが有利ではあります。それも、男女で比べれば女性のほうが、見た目が占める割合が高いのではないでしょうか。会社や病院で仕事をしていても、若くてかわいい女性がミスしたら、つい許してしまうような場面に、実際よく遭遇します。そのほか、アイドルやモデル、水商売といった見た目が重視される職業に就く人が比較的多いこともあり、女性のほうが見た目への影響度が高いと僕は考えています。

■見た目が良くないと、人としての価値は下がるのか

美容整形にいらっしゃる患者さんは美意識が高いせいもあって、特に「見た目重視」と思っているらしく、頭の中では「人間の価値は見た目が9割、下手したら10割ぐらい占めていると思っているかもしれないな」という方もよく見かけます。カウンセリングしていても、「私ってかわいいほうですか?」とか「僕はどれぐらいイケメンですか?」と聞いてくる人も多いです。

でも、僕もこんな仕事をしていますが、実際見た目だけで人間の価値が決まることはないと思っています。やっぱり中身を磨くことも大切です。顔のつくりやビジュアルだけでなくて、しゃべり方やしぐさ、あとは何かに向けて頑張っているとか、そういう内面が見た目に反映されて、実際より2倍も3倍もかわいく、かっこよく見えることはあります。

だから、「人間の価値って見た目は何割くらいなんですか?」という質問への回答は、多くて5割なんです。「人は見た目が9割」というタイトルの本が売れたこともありますが、僕は高くてもせいぜい5割くらいで、残りの5割はいろいろ頑張って、その人らしさを磨くことで、価値や評価は上がると思っています。見た目を整えることも大切ですが、内面を磨くことを忘れてはいけない、そう思います。