Dr.高須幹弥が解決!鼻&美容整形相談室

Dr.高須幹弥

高須クリニック名古屋院院長の高須幹弥医師による、
患者さんから様々な悩みや問い合わせ、
質問などについてズバっとお答えします!

ハーフ顔を日本人らしい顔に美容整形したいです New

彫りの深いハーフ顔は、凹凸の少ない日本人顔の人からすると、あこがれの対象になることが多いもの。しかし、その顔立ちをコンプレックスに感じる人もいるそうです。今回はハーフ顔を日本人らしい顔に整形したいというお悩みにお答えします。

鼻の手術のあと、鼻の通りが悪くなるなどの違和感はないですか?

鼻の手術のカウンセリングの際に、よくこのようなご質問をいただきます。
「鼻を小さくする手術をすると、穴も小さくなるから、息がし辛くなることはありませんか?」
「もともと鼻がつまりやすいのですが、酷くならないでしょうか」
鼻はとてもデリケートで、毎日絶え間なく行う呼吸をする器官ですから、違和感があると不安が大きくなる気持ちも分かります。
では、実際にこのような違和感が残ることはあるのでしょうか。

美容整形外科にも繁忙期や閑散期はある?

大型連休、年末年始など多くの人が休みになる時期は、外食産業や小売業の人にとって忙しい時期、すなわち繁忙期となります。美容整形外科にも繁忙期はあるのでしょうか?

自分に一番似合って、自然に見えるような鼻整形がしたい!

鼻の美容整形手術のカウンセリングの際、患者様はおおまかに2パターンに分かれます。ひとつは、簡単な希望を伝えて、あとは先生のセンスにお任せしますという方。もうひとつは、自分がなりたい理想の鼻の細かい指定をされる方。自分に一番似合っていて、かつ自然に見えるよう仕上がるのは、一体どちらだと思いますか?

夏休み中に鼻の手術を考えています。夏場は傷が化膿しやすいって本当ですか?

「夏場の手術は傷が化膿しやすいですよね。大丈夫でしょうか?」「夏場に鼻ギプスで固定すると、汗をかきますよね。傷口が感染しやすくなったりしませんか?」といった内容の質問をいただきます。確かに昔からよく「夏場は傷が化膿しやすい」とは耳にしますが、医学的な根拠はあるのでしょうか。

ショートボブが似合う顔に美容整形できますか?

なりたい自分をイメージする時、顔やスタイルからイメージする人もいれば、髪型からイメージを膨らませる人もいるはずです。やってみたい髪型に合わせて、顔の美容整形をすることはできるのでしょうか。
Dr.高須幹弥

高須 幹弥医師 プロフィール

名古屋院院長。
美肌治療、プチ整形、目、鼻の手術、若返り手術、豊胸手術、脂肪吸引、エラ、顎、頬骨削りなどオールマイティーに美容外科治療を担当。

私のモットーとしては、じっくりと時間をかけたカウンセリングをし、患者様に十分納得していただいた上、治療をさせて頂き、治療をした後もその患者様と一生お付き合いさせていただく気持ちでおります。

専門分野:

  • 目の手術全般
  • 鼻の手術全般
  • 輪郭の手術全般
  • 若返りの手術全般
  • バスト・乳頭・乳輪の手術全般
  • 男性器の手術全般
  • 女性器の手術全般
  • 脂肪吸引・痩身・部分痩せ治療全般

詳細なプロフィールはこちら