鼻の悩み解決コラム

2015年6月8日

鼻について


見落とさないで! 鼻のゆがみは、顔がゆがむ危険信号

美人の条件の一つとして“シンメトリー”が挙げられます。シンメトリーとは左右対称のこと。鏡の前で交互に顔の左右を隠して見比べてみて、差異が少なければ少ないほど美人顔ということです。

そして、このシンメトリーを崩してしまう一番の原因になってしまうのが“鼻”です。なぜなら、鼻は顔の中心に位置して、一番目を引くパーツだからです。

■鼻のゆがみは危険サイン

鼻を形成している骨は軟骨で形成されていて、ちょっとしたことで癖がついて変形してしまうこともあります。そのため、顔がゆがみはじめると、初期症状として鼻に現れます。鏡の前で鼻をチェックして、ゆがんでいるようなら危険サイン。顔もそのうちゆがんでしまうかもしれません。

鼻がゆがむ=顔がゆがむことにもなりかねないので、こんな習慣がある人は注意が必要です。

○食べ物をかむときはいつも同じ側でかんでいる。
○歯ぎしりをする
○よく頬杖をつく
○横になって寝るときに、手や肘をフェイスラインの下に置く
○うつ伏せで寝る

一つでも当てはまる人は要注意。鏡を見て顔がゆがんでいないからと安心するのではなく、鼻をよくチェックしてください。ひょっとして鼻がゆがんでいたら、それは危険な兆候です。

■ゆがんだ鼻を直すには?

もしも鼻がゆがんでいたら、また癖をつけて矯正マッサージすればいいだけです。だからといって、無理矢理やってしまってもよけいバランスを崩してしまいます。まずは、自分の鼻が左右どちらにどの方向でゆがんでいるかチェックしてください。

そして癖を付けるときは、お風呂上がりの体が柔らかくなっているとき。親指の腹で矯正したい方向に向かって、少し強めに10秒程度押します。ちょっと力が入っているなぁと感じるくらいで、痛いくらい押すのはNGです。

大切なのは、この矯正マッサージを継続していくこと。効果はすぐには出ませんが、3ヶ月程度は試しましょう。ゆっくりですが、着実に効果は出るはずです。顔の中心に位置する鼻ですから、矯正をしていくにつれて美人顔=シンメトリーな顔に近づくことができ、印象が変わってくるはずです。