鼻の悩み解決コラム

2015年1月27日

美容法/お手入れ


鼻のテカりは普段のスキンケアで改善できる!

nayami_detail_img02

鼻は顔の中でも突出した部分なので、他の部分と違ったケアが必要です。Tゾーンや鼻は油分が多いので、ついゴシゴシ強くこすったり、押したりしがちですが、そんなことをしては肌を刺激することになり、かえって日中の皮脂分泌が盛んになって逆効果です。
皮脂汚れを落として乾燥も防ぐスキンケアを紹介しましょう。

①ぬるめのお湯を使う

鼻の頭は凸形なので、寒い季節は顔の他の部分に比べて冷えている場合もあります。ぬるめのお湯でしっかりと鼻もあたためながら肌をお湯になじませます。

②洗顔料は顔専用の物を使い、たっぷり泡立てる

洗顔料はアミノ酸やコラーゲンといった潤い成分の含まれたものが肌の潤いを保ってくれるのでおすすめです。

③肌に強い刺激を与えないよう、やさしく泡を押しつけながら肌を包むように手のひらや指を動かす

泡で肌をやさしくなでて洗います。これだけでも肌に負担をかけずきれいに汚れを落とせます。特にアミノ酸洗顔料を使うと、角質化した皮膚を修復してくれ、乾燥肌の改善にもなります。

④しっかりと洗い流す

洗顔料が顔に残らないよう、しっかりと洗い流してください。洗顔料がついたままだと吹き出物の原因にもなりかねません。

⑤基礎化粧品で肌を整える

洗顔したら化粧水などで肌を整えます。鼻周辺は油分が多いので、クリームで保湿をする場合、頬やおでこなど他の部分に比べて控えめに塗ってください。顔には目、鼻、口、額、頬と様々なパーツがありますが、それぞれのパーツで肌の敏感さや油分の分泌量が異なるので、均一に塗る必要はありません。Tゾーンのメイクが崩れやすい人は、Tゾーンの保湿クリームの量を調整することが大切です。

⑥毛穴パックをする

2週間~1ヶ月に1回程度の鼻の毛穴パックもおすすめです。角栓の除去は、鼻の毛穴に溜まった汚れや皮脂を専用の化粧品やパックで落とします。小鼻専用の角栓除去シートなども販売されているので、手軽に使えるようになっています。オイルマッサージタイプもあります。毛穴パックは入浴など皮膚の状態を柔らかくした上で行うとより効果的です。
ただ、毛穴に汚れが溜まったままにならないよう、パック剤は綺麗に洗い流すよう気をつけましょう。洗顔方法は①~④のやり方で十分です。