鼻の悩み解決コラム

2014年9月22日

改善法美容法/お手入れ鼻について


なぜ鼻にニキビができやすいの?

nayami_detail_img02

鼻は顔の中心にあります。誰かと対面したときにまず目に付くのが、相手の目や鼻です。ですから、鼻のあたりにニキビができるなんて、目立つし嫌ですよね。どうしてこんなに目立ちやすい場所にニキビができるのでしょうか?

鼻は皮脂の分泌が多い場所です。思春期にTゾーンや鼻の皮脂量の分泌が増えるのは、新陳代謝や成長ホルモンの影響が大きいといわれていますが、大人になったときのニキビは、原因が異なるようです。

また皮脂量が多く、毛穴の奥が深い鼻は、皮脂が溜りやすい場所で、それゆえニキビもできやすくなります。鼻を触る癖がある人が細菌のついた手で鼻を触ったり、油分の多いファンデーションを使用したり、十分に化粧が落とせないまま油分が毛穴に溜まったなど、なんらかの理由で鼻に皮脂や汚れが溜まることで鼻の皮膚の新陳代謝のリズムが崩れて、古い角質が除去されずに肌表面に厚く溜まってしまった結果、ニキビができるのです。ニキビの原因であるアクネ菌は皮脂を好みます。ニキビはアクネ菌が増殖してできたものなのです。

ですから、鼻のニキビ対策としては、鼻を清潔にして、できるだけ鼻を触らないようにすることです。ニキビを隠そうとして上から余計にファンデーションを塗るのは、ニキビを悪化させるのでいけません。むしろ、厚化粧を避け、新陳代謝を促進させるよう、生活習慣にも配慮してください。適度な運動をして汗をかいたり、血流をよくする根菜類を積極的にとったりして、体を温めることで細胞を活性化させることです。そして十分な睡眠も忘れずに。