鼻の悩み解決コラム

2014年9月9日

鼻の形


理想の鼻の形とは?

nayami_detail_img02

世の中には多くの人が「美しい」と認める顔があります。

しかし、「美しい顔」とは一体どんな顔なのでしょうか?

「美しい顔」とはある条件を満たした顔です。その条件とは、“黄金比”です。自然界には“黄金比”というものがあり、その比率を満たしているモノは何であれ、バランスのとれた美しい形に見えたり、安定した形に見えます。その比率は1:1.618です。

黄金比はあらゆるところで見られますが、例えば、古代エジプトのピラミッドやギリシャのパルテノン神殿、有名なミロのビーナス像や絵画「モナリザ」にも適用されています。私たちはこの“黄金比”が適用されているものを見ると本能的に美しいと感じるのです。

同様に人の顔や身体にも“黄金比”があり、万人が美しいと感じる顔の比率があります。
黄金比が適用されるのは、顔全体のバランス(縦の長さ、横の長さ、縦横比)、各パーツの位置(目、眉、鼻、口などの位置関係)、各パーツの大きさ(目、鼻、口などの大きさ)といったところです。これは顔全体で見た場合の黄金比ですが、鼻だけを見てみた場合、「理想の鼻の形」にも特定の条件があります。

  • 鼻の始まりは上まぶたくらい
  • 鼻の横幅は目の横幅にほぼ等しい。31~34ミリ程度が理想的
  • 小鼻の横幅と鼻の長さは100:64が理想的。たとえば、小鼻の幅が3センチの場合、鼻の長さは4.6センチ
  • 鼻筋はまっすぐか「ノ」のようなカーブを描く
  • 鼻先、唇、あごが一直線上にある。このラインをEラインとよび、これがあると横顔が美しく見える
  • 鼻柱と唇の作る角度が約90度

などがそうです。
「美しい」と感じる顔になるには、鼻だけではなく顔全体のバランスを見る必要がありますが、全体のバランスや各パーツが黄金比に近いほど、美しく魅力的な顔に見えるのです。