鼻に悩む管理人ブログ

2017年5月18日


鼻くそは不適切…?

こんにちは、編集スタッフの花子です。

毎年、季節の変わり目になると体調を崩してしまう花子ですが、今年もまた風邪を引いてしまいました…今は喉の痛みや咳なんかはすっかり治ったのですが、いつまでもぐずぐずと長引いているのが鼻水…

鼻水、鼻づまりって一度風邪を引くと、毎回なかなか治らないのは私だけではないはず!鼻水ってあまり心配されないですが、地味に辛いですよね。仕事にも集中できなくなるから、仕方なく鼻炎の薬を飲むんですが、眠くなるし、ものすっごく喉も渇くしで、あまり飲みたくないんですよね~。早く治ってくれと祈るばかり。

こんなに私を悩ませてくれている鼻水ですが、だらだらと流れ出るうっとうしい鼻水にもちゃんと役割があるんですよね。

以前、ブログでもお話しましたが、鼻水はウイルスやらホコリやら花粉やら、体に害をなすものを追い出すために出てくれているわけで。今もこの鼻水が、私の鼻や喉に潜んでいるウイルスを殺菌し、洗い流してくれているのです。鼻水が出なければきっと、今も尚、喉の痛みに苦しんでいただろうと思えば、むしろ鼻水には感謝しなくてはいけないのかもしれません…

でも、やっぱり鼻水は嫌!女子たるもの、鼻水を垂れ流すわけにもいかないから、気を使いますし、鼻くそがいつもより多く出ることになってしまうのも、辛いところ。

これも、以前ブログでお話したかと思いますが、鼻くそは、鼻水が乾燥したり、空気中のホコリなどと合わさってできた塊なので、鼻水が多いと、当然鼻くその量も増えてしまうわけで…私は鼻の穴が大きいので、ふとした瞬間に、鼻の穴から鼻くそが見えてしまったりするんじゃないかと、心配になってしまいます。

ところで、この「鼻くそ」って言葉、改めて文字にすると、なかなか下品というか、破壊力がありますよね。クソ…つまり「糞」なんて、女子であれば、普段は口に出すのはためらってしまうフレーズじゃないですか?

たとえば、「目くそ」、「耳くそ」なんて言葉もありますが、それは他にも、「目やに」だったり、「耳あか」だったりと別の言葉に言い換えられますよね。

なのに、鼻だけは鼻くそ以外の言い方をする人はいないという不思議。

目くその正式名称は眼脂(がんし)、耳くその正式名称は耳垢(じこう)というらしいですが、目くそにも正式名称はあるのかな、と気になったので調べてみました!

すると…。

なんと!

鼻くそには、
正式名称はないらしいです。

(鼻くそという言葉自体が正式名称とされているんだとか…)

鼻くそが正式名称であるとするならば、鼻くそ以外に呼び方がないので、これからも鼻くそと言い続けるしかないのかな、と思ったのですが、どうやら、「糞」という言葉を使うのは、子供への教育上、不適切なのではないか、ということで、「鼻垢(びこう)」を正式名称にしようという意見もあるんだそう。

びこう。

耳慣れない言葉ですが、鼻くそに比べると、大分上品な響きですよね。
なので、私もその意見に従い、これからは鼻垢と呼ぼうと思います!

「最近、鼻垢(びこう)が溜まるんだよね」

…言われた方はきっと、意味分からないでしょうけどorn